尼崎医療生協病院 看護部

■当院のプリセプター制度

 プリセプター制度は、一般的には新人看護師が仕事をする上で必要な能力開発を、プリセプターと呼ばれる先輩看護師が、 マンツーマンもしくは2名体制で指導・教育し臨床経験を積ませるといったトレーニングシステムですが、当院のプリセプターは、 教育・指導担当というよりは困ったことや悩んだことを一緒に考え、サポートする役割を担っており、 教育・指導は看護教育委員会メンバーを中心に職場の先輩看護師がみんなで担っています。 そうすることにより、新人の育成をプリセプターまかせにせず、「みんなで新人を育てよう」という文化を培っています。

■新人看護師だけでなくプリセプターの成長も大切にしています

 プリセプターは、新人看護師のサポートを通して自分自身をふり返ることができ、新人看護師から大切な事をたくさん学ぶ機会があります。 看護教育委員会では、プリセプター研修も担当しており、新人看護師が抱える悩みや壁といったものや、 サポートするための考え方やコミュニケーションスキルを学びます。またプリセプター同士の学びあいの場も大切にしています。

■【プリセプティーの声】

 就職間もない頃はいろんな事が初めてで、覚えなければいけないことばかりで、毎日緊張と不安でいっぱいでした。そんな私を支えてくれたのがプリセプターの存在です。勤務のシフトが違うときでも帰り際に私の所に来て声をかけ、気にしてくれたり、メールをくれ、話を聞いてくれたり、時にはご飯に誘ってくれたり、家に招いて頂き一緒に勉強をしてくれたこともありました。私が書いたふり返りノートには必ず目を通してくれ、かわいいシール付きのアドバイスももらいました。業務や病棟のこと、学習面を教えてくれるだけでなく、そばでいつも支えてくれる、プリセプターはすごく大きな心の支えです。また患者さんにも優しく、丁寧に指導してくれるプリセプターは私の憧れでもあります。プリセプターだけでなく、他の先輩方にも本当に支えられており、それによって今の自分がいると思うと感謝の気持ちでいっぱいです。まだまだわからないことがありますが、先輩方のような看護師になれるように頑張っていきたいと思います。

3階西病棟 2012年入職 看護師 松元奈緒さん

■【プリセプターの声】 ☆1年間松元さんのプリセプターだった山根さんの声です☆

 新人の松元さんのプリセプターを1年間担当しました。私も1年目の時には自分の思いを上手に伝えられない不安な時期も有りましたので、初めは顔を合わせたときに「大丈夫?元気ですか?」と声をかけたり、松元さんが気をつかわずに話せるように、外で一緒に食事に行ったり、家に遊びに来てもらったりと、話す機会を持つよう心がけました。松元さんが初めての夜勤に入るときは、一緒に夜勤をして、入職時とは別人のように成長した姿を目の当たりにし、とても嬉しく感じたのを今でも覚えています。患者さんへの優しい声かけや笑顔、気配りなど、松元さんの姿を見て、私自身が学ぶべきものも多かったです。他のスタッフもプリセプターの私に協力してくれ、私の気付かない松元さんの様子を伝えてくれたり、声かけの方法や、勉強方法もアドバイスをもらいプリセプターができました。私もこれからもみんなと一緒にさらに成長したいと思います。

3西病棟 看護師 山根里佳さん

 

 当院のプリセプター制度は、「支え合い、学び合う」ことを大切にしています。
どうぞ皆さん私たちと一緒に働きませんか? 心よりお待ちしています。

【お問い合わせ】
 尼崎医療生協病院 看護師長室:〒661-0033 兵庫県尼崎市南武庫之荘12丁目16-1
 TEL:06-6436-1701(代) FAX:06-6436-1750(看護部)